【デジタル支援】オプト提供の広告効果測定ツール「ADPLAN」、広告配信プラットフォームに広告成果を送信できる「キックバック機能」をリリース

2018/10/05
  • feedly
  • pocket
  • はてなブックマーク
  • googleプラス
  • ツイート
  • シェア
News
株式会社オプト(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 CEO:金澤 大輔、以下オプト)のエンジニア組織であるOptTechnologies(オプトテクノロジーズ)は、広告効果測定ツール「ADPLAN」で測定した広告成果をメディアの広告配信プラットフォームに送信できる「キックバック機能」をリリースいたしました。

2018年9月、Apple社よりSafariブラウザへのトラッキング防止機能 Intelligent Tracking Prevention(ITP)2.0(※1)がリリースされました。その影響により、トラッキングを目的とするCookieの利用制限がより強固となり、広告配信プラットフォームにおいてもSafariブラウザでの広告効果測定が難しくなります。

その状況を踏まえ、広告成果を広告配信プラットフォームに送信する「キックバック機能」を「ADPLAN」にて開発いたしました。具体的には、広告クリック時に広告配信プラットフォーム側で取得したクリック情報を「ADPLAN」に蓄積し、「ADPLAN」上で広告成果(商品購入や予約完了等)を確認したタイミングで、クリック情報を広告配信プラットフォームに送信します。この機能を活用することにより、広告配信プラットフォームのタグを設置せずとも、広告成果をもとにした広告運用が可能となります。
 
228
キックバック機能イメージ

■広告効果を送信するまでの流れ

①広告配信プラットフォームから配信されている広告をクリック
②ADサーバー経由時にクリック情報が付与され、ランディングページに遷移
③ADサーバー経由時に付与されたクリック情報をADPLANに蓄積
④広告成果をADPLANで確認
⑤ADPLANで確認した広告成果をもとにADサーバー経由時に付与されたクリック情報を送信


今後もオプトでは、テクノロジーの変化に素早く対応し、最適な広告運用を行うための機能拡充を行ってまいります。


(※1)Intelligent Tracking Prevention(ITP)2.0
Apple 社が提供する最新バージョンの iOS12や macOS Mojave に新たに搭載された機能で、Safari ブラウザにトラッキングを目的とするCookie であると識別されると、即時Cookieの利用制限やアクセスが遮断されるものです。
CookieがITPの制限対象となった場合(※)、Cookie取得後即時ユーザの追跡ができなくなり、ユーザの行動履歴の計測がされず、リターゲティング配信ができなくなる等の問題が生じます。
※ 端末ごとに内蔵された Safari の機械学習の分析結果によっては、どの程度が ITPの対象になるかは不確定となります。
 

以上

【株式会社オプトについて】
オプトは、デジタルマーケティングを軸に個客の未来を実現する「Innovation Agency」です。持続的な成長を志す企業のビジョンやミッションと並走しながら、ビジネスを革新させ、新しい価値を創造していきます。一人一人が、「誠実な野心家であれ。」という理想の姿を追求し、ヒトと社会を豊かにする成長エンジンとなります。

■会社概要
設立年月:2015 年 4 月 1 日 
資本金:1億円 (2017 年 12 月末 現在)
代表者名:代表取締役社長 CEO 金澤 大輔
本社所在地:東京都千代田区四番町 6 番 東急番町ビル
事業内容:マーケティング事業
URL:https://www.opt.ne.jp/

■本件に関するお問い合わせ
株式会社オプト データテクノロジー部 虎谷
e-mail)k.toratani@opt.ne.jp

■報道に関するお問い合わせ
株式会社オプト 広報担当 藤本
e-mail)info@mg.opt.ne.jp  TEL)080-9707-3065