ライフ支援制度

オプトグループでは、社員それぞれの「自立」を促進するための支援を行っています。
グループCEO鉢嶺 登がCWO(Chief Wellness Officer)に就任し、「ウェルネス経営」を標榜しています。
全ての社員の健康と自立を促し、心身ともに良好な健康状態のもと業務に取り組める企業を目指しています。

Company

life_ceoimg01.jpg

「社員の幸せこそが重要」これは創業以来変わらぬ思いの1つです。
私は幸せを呼び込むには5つの土台が必要であると考えています。
仕事の充実、経済的な安定、家庭の安定、前向きな夢、そして健康です。全ての人生の基盤が健康にあると言っても過言ではありません。健康は肉体的健康だけでなく、精神的健康も大切な要素です。
オプトグループでは朝のおにぎり(モーむす)、味噌汁等の配布、栄養バランスが考えられたランチの販売、21時に1度消灯する残れナイン、自由なワークスタイルの導入など、様々な取り組みを行っています。
常に心身ともに健康で、人生を前向きに生きていけるような環境作りにCWOとして取り組んでいきます。

CWO  鉢嶺 登

ウエルネスレポート 健康経営優良法人2018認定企業

休暇/休業制度

勤続休暇

life_img01.jpg

勤続3年ごとに、有給休暇とは別に連続10営業日の休暇と特別手当3万円が支給される制度です。
社内ではリフレッシュ休暇とも呼ばれており、旅行などに出かける社員が多いです。
有給休暇と組み合わせての短期留学、ハイレベルな資格取得などの自己研鑽期間として活用している社員も少なくありません。

時間単位有給休暇

年次有給休暇のうち、1年間について5日の範囲内で、2時間単位で使用することができる制度です。

その他の休暇/休業制度

結婚休暇、産前産後休暇、子の看護休暇、介護休業、育児休業など、社員一人一人のライフステージに合わせた休暇制度を用意しています。
育児休業は子ども2歳の春まで取得することができるなど、社員の考え方に合わせて期間を選択することができます。

働き方改革

朝食の無料提供

life_img03.jpg

朝型勤務促進(社員の健康と生産性の向上)を目的に、毎朝、おむすび・お味噌汁・フルグラを無料提供しています。
一人暮らしの社員や、朝早く出社して業務を行いたい社員に好評の制度です。
朝の時間を有意義に利用する一助となっています。

残れナイン制度

life_img04.jpg

生産性向上のため、無駄な残業を無くすことを目的に毎晩実施しています。
18時以降の勤務は事前の残業申請が必須となっています。
また、21時に一度フロアの消灯を行なっています。

その他のライフ支援

確定拠出年金や財形貯蓄制度などを用意するとともに、プロの講師による資産運用や株式投資に関する研修を行っています。