挑戦を応援する制度

オプトグループでは、会社と社員はイコールパートナーであるという考え方のもと、社員それぞれの「自立」を促進するための支援を行っています。
「職業的自立」や「精神的自立」を支援するための制度を紹介します。

Company

オプト塾(社内ビジネススクール)

challenge_img01.jpg

オプトグループでは、社員のキャリアプランに則して様々な研修制度を用意していますが、その最高峰ともいえるのが社内ビジネススクールである「オプト塾」です。
各社より選抜された参加者が、約1年間をかけてハイレベルなカリキュラムに挑戦しています。

詳しくはこちら

オプ図書館

challenge_img02.jpg

社員の自己投資を応援するため、「役員推薦図書」「ベストビジネス書100冊」「トップMBAの必読図書」を中心に書籍を取り揃えた社内ライブラリーです。
「オプ図書館」は、オプトカフェに設けており、社員であれば自由に閲覧でき、所定の手続きを踏むことで、持ち出しも可能です。

表彰制度

challenge_img03.jpg

オプトグループでは、創業以来活躍した社員を賞賛する文化を大切にしています。
各社で半期毎に発表されるMVPや、四半期ごとの領域表彰など様々な場面で表彰が行われています。
個人の目標達成成果だけではなく、理念、ビジョンを軸とした会社(組織)への貢献、一緒に働いている仲間たちからの多面評価が選定の基準となっています。

月次面談制度

社員一人一人の成長を促進するため、上司と部下で目標に対しての振り返りとフィードバックを頻繁に行うことを大切にしています。
具体的には直属の上長とともに月1回の面談を行い、目標管理や長期的視点での強みや課題の整理を行っています。

夢を応援し合う文化

オプトグループを夢を実現するためのプラットフォームにしていきたいというグループCEO鉢嶺の思いを受け、年に1度、夢(目標)について考え直し、振り返ることを推奨しています。