社会貢献活動・SDGs

オプトグループの社会貢献活動とSDGsへの取り組みについてご紹介しています。

Company

オプトグループは、企業のデジタルシフトを支援することで、持続可能な社会の実現に貢献しています。

日本の持続した発展には、企業のデジタルシフトが不可欠

今やデジタルシフトは、すべての日本企業にとって、その規模の大小や、業種、所在地に関わらず、最大の経営課題でもあります。今後の日本企業が持続可能な成長軌道にのっていくために、今、最も注視すべきテーマとなってきています。

こうした状況に対し、オプトグループは長年培ってきたデジタルへの知見をもとに、マーケティング支援をはじめ、事業戦略立案、事業創造、人材育成・活用、商品・サービス開発に至るまで、幅広くサポートし、日本企業のデジタルシフトを推進することで、日本経済および社会の持続可能な成長に貢献して参ります。

事業を通した社会貢献活動と対応するSDGs

マーケティングの7P全方位で企業のデジタル化を支援 デジタルを活用したビジネスモデルの構築を支援し、日本企業の持続的な成長を支援することで、日本社会の発展に貢献しています。 デジタル人材の育成 デジタルに特化したマーケティング人材やAI人材を育成するとともに、デジタル人材の派遣やシェアリングプラットフォームの構築を通し、企業のデジタル人材不足を解決しています。 デジタルシフトを加速させるベンチャー企業への投資と経営支援 既存産業を効率化し、社会を豊かにする新たなサービスやテクノロジーに投資し、成長を支援しています。 独自メディアでデジタルシフトの必要性を訴求 「Digital Shift Times」の運営を通し、企業のデジタルシフトを推進する経営者やリーダーに、勇気や希望を持っていただけるような情報提供を行っています。

当社取締役による主な社会貢献活動

代表取締役社長 グループCEO / 鉢嶺 登(Noboru Hachimine)

・再生可能エネルギー事業への経営参画

再生可能エネルギーのエネサイクル株式会社に経営参画。バイオマス発電所を設置・運転するなど、再生可能エネルギーの普及に貢献しています。

参考:日本経済新聞電子版に掲載「高効率バイオマス発電所 エネサイクル、石狩に 6億円を投資、新方式道内初」2017/7/27付
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO19284620W7A720C1L41000/

・食品リサイクル事業への経営参画

食品廃棄物処理のジャパンサイクル株式会社に経営参画。食品メーカーや地方自治体の食品残渣等を堆肥化し、農作物の生産に再利用することで、環境に優しい循環型社会の構築に貢献しています。

・古代エジブト遺跡の発掘、美術館運営支援

アジア最大のエジプト遺物収集家である菊川匡博士の発掘活動及び菊川博士が運営する「古代エジプト美術館」(東京都渋谷区)を支援しています。古代エジプトの素晴らしい文化を、国内外の方が身近に体感できる環境づくりを続けています。

参考:古代エジプト美術館 ホームページ
http://www.egyptian.jp/top.html

【オプト創業物語】下記をご覧ください。
オプトの歴史と逸話2 ~エジプトで起業決意~

▼鉢嶺が当社、創業のきっかけとなったエジプト遺跡にて

取締役 / 蓑田 秀策(Shusaku Minoda)

・若手音楽家の活動を支援

一般財団法人100万人のクラシックライブにて、若手音楽家が活躍できる場を広げています。

参考:100万人のクラシックライブ ホームページ
https://1m-cl.com/

・ダイバーシティの推進

学校法人ユナイテッド・ワールド・カレッジISAKジャパンにて、教育を通じた国際交流活動を行い、人、国、文化を結び、平和と持続可能な未来に貢献しています。

参考:学校法人ユナイテッド・ワールド・カレッジISAKジャパン ホームページ
https://uwcisak.jp/jp/

取締役(社外/独立委員) / 水谷 智之(Tomoyuki Mizutani)

・地域教育、経済の活性化

一般財団法人 地域・教育魅力化プラットフォームにて、地方を舞台に、教育を軸とした人材育成、地域の持続可能性創造を推進しています。

参考:一般財団法人 地域・教育魅力化プラットフォーム ホームページ
http://c-platform.or.jp/

ページTOPへ